2018年8月4日

アディクションフォーラムin滋賀

みなみです。

8月4日に浜大津明日都にてアディクションフォーラムin滋賀が開祭され、私達おりーぶも参加させて頂きました。

私は、数ヶ月前から行われていた実行委員会にも初めて参加させて頂き、皆さんのアディクションフォーラムに対する熱意にすごいなぁと驚くばかりで、皆さんでアイデアを出しながら話しが進んでいくのをただただ聞いていることしかできませんでした。

依存症者が社会で生きていくために、どのようにすれば希望が持て、道が開けていくのか、同じ目線で考えてくださっているので、のうのうと依存症で生きてきた私は恐縮する思いです。

そんな自分なのですが、今回はスピーカーを任せていただきました。
2年前にステージに立ったときは、万引きは止まっていたものの、施設に隠れて親と密会したり、過食嘔吐を毎日繰り返したりとやりたい放題の状態でした。

けれど、10数年続けた万引きを手放し、反社会的な道を行っていない自分に喜びがあり、充分ホメられるべきものだと思って満足していました。
私はそう思っていたのですが、神様が与えてくれる喜びと満足はその程度のものではありませんでした。

この2年間、すったもんだのてんやわんやで、私はなんとか共依存と過食嘔吐の問題も手放すことができました。
と言っても完全に治ったわけではないので、力みすぎず、力を抜きすぎずに生活していけたらなぁと思っています。

わざわざ会場に足を運んでくださった知り合いの方や私の話しを聴いて言葉をかけて下さった方もいて、本当の自分をさらけ出した後でも理解があり、関係も壊れずに続いてゆきそうなことが嬉しいです。

以前の私は、自分がどういうものであるか知られる事に対して怯えていたからです。

これは人に頂いた言葉ですが、「あの時あの場所で神様がしてくれたことを証する役目をみなみちゃんは担ったんやで。僕がしたくても前に立てへんもんな。」

この方は私の先生で依存症ではありません。

私は依存症になって、神様が私の病気に触れてくださり、自分が変わっていったこと、それを人に伝えられる力と役割を神様から特別にもらいました。

非力な自分ですが、ちょっと大きなことを成せた感じがしています。

おわり

投稿者 おりーぶ : 13:24 | 日常の様子 |

いちばん上に戻る

PAGE TOP