2018年8月22日

絵画プログラム(^^♪

みなみです。

月に一度の絵画プログラムですが、いつも教えに来てくださる先生が遠くへ行かれることになったので、今月から別の先生が担当してくださることになりました。

いつも思うことなのですが、おりーぶに来てくださる講師の方々は、施設の入寮生たちに偏見を持ったり構えたりせずに、同じ目線でごく自然なやりとりをしてくださいます。
私がもし一般の社会人だったら、色眼鏡で見てしまうだろうし、ややこしそうだから関わりたくないなと思うだろうに、自分の想像とは違い、受け入れのある方々がたくさんいてくださいます。
人より薄情な私はなおさら驚きます。けれど、あたたかい方々がいてくださるおかげで人生めちゃくちゃな自分だけど、またやり直してみようと希望が持てるようになりました。

今回からの絵の先生も、○○ちゃんって呼んでね〜とフレンドリーな自己紹介から始めてくれました。
まずはそれぞれ自分の思いのままに夜空を黒で塗り、セロファン状のものに花火を描いてできたのがこちらです。

絵の先生はいつも皆の作品を並べてひとつずつここがいいねと褒めてくれるのですが、先生がいらっしゃったからといそいそとスイカを切り出してばくばく食べながら、先生の話を片耳で聞いているのかいないのかわからんような某スタッフがいました。

こんなおりーぶを愛してくださってありがとうございます。
また次も楽しみです。 おわり

投稿者 おりーぶ : 17:39 | 日常の様子 |

いちばん上に戻る

PAGE TOP